保湿美容液は美肌のキホン

美容液を購入する際は、気になる肌トラブルにアプローチするものを選ばれているでしょう。
もちろん、それらを使うことで、今あるお肌の悩みを改善してくれます。
しかし、どんな肌トラブルにも共通する原因があります。
それが、乾燥です。
お肌の大切な水分となるヒアルロン酸は、20歳の頃から減少し始めています。顔がテカっているのに乾燥肌という方は、こうした肌内部の水分が減っているイ ンナードライが起きている状態です。
ヒアルロン酸以外には、保湿を保持する作用の高いセラミドも減少します。
セラミドは、整列した角質細胞の周りにあります。角質細胞や肌内部を乾燥から守るため、自らが保湿の役割となりながらも、新たな水分も捉えてその潤いを逃 しません。
この仕組みが、すこやかなお肌を作っています。
セラミドの減少は、肌内部の水分が蒸発してしまい、角質細胞の並びを乱してしまいます。そうなれば、ターンオーバーの周期も遅くなり、お肌は乾燥し、不安 定な状態となってしまいます。
紫外線を肌内部に通しやすくし、シミやその予備軍を作りやすくします。コラーゲンへのダメージにもなるので、シワがより深いものとなります。
新たな悩みを出さないためにも、保湿美容液をプラスしてみましょう。
いつもの美容液と併用すれば、相乗効果が期待できます。
保湿美容液を選ぶポイントは、成分にあります。前述したように、加齢とともに減少するヒアルロン酸や、セラミド配合のものが効果的です。
セラミドは、植物性よりもヒト型の方がお肌になじみやすく、効果が高くなります。ヒト型かどうかの見極めは、「セラミド3」のように数字がついていること です。
産業カウンセラー求人関西